Show MenuHide Menu

結婚の目的

2014年7月18日

あなたは結婚なさるとき、『結婚の目的』なんてことをお考えになったでしょうか?多分お考えにはならなかったでしょう。あなたはきっと、結婚すれば、新しい幸福が生れる、こう漠然と考えて結婚なすったろうと思います。そして、それでじゅうぶんなのです。結婚の目的lしいてそれをいえば、幸福の獲得以外にはないのですから。ところで問題はこの『幸福』なのです。これくらいよく使われながら、これくらいあいまいな言葉があるでしょうか。しかし、いまここで幸福を論ずることはできません。ただ、私はひとつのことだけをここで申しあげたいのです。結婚すれば幸福になるだろうlこう考えてあなたは結婚なさったワケですが、いったい誰が幸福になるのでしょうか?第一に『私自身」。あなたは、こうお答えになるでしょう。けれども、この答えは不充分です。いや、この答えはいけません。もし、結婚があなた自身の幸福のためならば、あなたの夫は、そのための手段にすぎなくなります。妻が夫を自分の幸福のための手段にし、夫も妻を自分の幸福のための道具みたいに考えるとしたら、これはよくありません。よくないというのは、そうした求めかたで、幸福がでてこないからです。夫婦間で問題が発生したら、このように解決までは精神的にも肉体的にも大変ですので相性ピッタリの結婚相手を見つけましょう。ふたつのこころがそこでなぐさめあい、理解しあい、はげましあう、つまり愛しあう場所です。それは平和と静けさの場所ですが、ただの休息の場所ではありません。

出典:
DK079_L

感情や愛情の表現

2014年7月18日

あなたの良人はもはやあなたの肉体に新鮮味を感じなくなるでしょう。がんらい、性欲は攻撃的であり征服的です。攻撃し征服することは常に新しいものを求めていることです。女性であるあなたが性的倦怠を感じないからといって、男性であるあなたの良人がこれを感じないはずだと考えるのはまちがっています。性生活において男性が攻撃的であるということは、男性がふるい性的対象に対して女性よりも容易に倦怠を感ずるということにほかなりません。結婚後二、三年もすればあなたはだいたいあなたの良人の性格を知ることができ、あなたの良人もあなたがどんな女性であるかを知ってしまいます。ふたりの性格の相違点一致点がお互いにはっきりしてきます。つまり、ふたりは感情や愛情の表現において、一定のリミット(限界)に達します。この限界をお互いに守るかぎり、ふたりの生活は平和であり幸福です。けれども、同時にこのリミットについてのふたりの意識は、ふたりがほんらい、別々の人間であったことをはっきりさせます。あなたのあふれる愛情にひたりながら、どうかすると、孤独に似たものを感じます。もっとなにか強烈な、愛情の世界があるはずだ、こんなに地道で平和ではなく、もっとロマンティックなものがあるはずだ、彼は時にこう感じます。けれども、ふたりの生活は依然として昨日も今日も、そしておそらくは、明日も同じなのです。しかもあなたの良人が善良な人間であるならば、彼はあなたのほかに、楽しみやスリルを求めることに後めたさを感ずるでしょう。彼は冒険やスリルを求める自分自身を自分でおさえつけるでしょう。そしていまや良人の内部からウシ血したような生活への倦怠が現われ始めるでしょう。まず相手がいないと、何もできないので相手を探してください。

参考:

DK066_L

結婚という生活

2014年7月18日

男と女とは、ちがった生理と心理の持主です。女は日常生活のこまごましたことに、自分をとりまくせまい世界のできごとに気をとられ、また興味をもつものです。女性のこういう才能は小さな二間か三間の家の中に結婚という生活をきずき上げるのには適しています。あなたは部屋の中の片隅にダンスをおき、その上にフランス人形とラジオをすえ、たまには花瓶の置き場所をとりかえることに楽しみを見いだすでしょう。あなたのデリケートな心づかいによって、新婚の部屋は小綺麗に片づき、しかも四季折々の美しい花が飾られるでしょう。あなたは六畳と三畳のアパートに愛の天国を作り上げるでしょう。あなたの良人も、最初はこの美しい小さな世界に興味と注意を示すでしょう。そしてこの小さな世界を少しでも居心地よくするための、あなたの可憐な心尽しを美しいと眺めるでしょう。ところが、やがてあなたの良人は、この小さな美しい世界になれっこになります。無関心になります。あなたの良人が会社から帰って来ます、「額の場所を変えたんだね?」「ここの方が引き立つでしょう。」「そうだね。」良人はまるであくびのような返事をするでしょう。つまり、小さな世界の中のあなたの心づかいが、男性である良人には、それほどにはピンと来ないのです。良人の望んでいるものは、なにかもっと異常なことであり、すばらしいことであり、この小さな世界を突破したようなことがらなのです。出会いはに、たくさんあるので、相性が合う人がきっと見つかります。

参考:

DK072_L

倦怠期

2014年7月18日

倦怠期って、どんな結婚にもかならずくる、ものでしょうか?そうです。あなたの結婚生活が平和で順調であれば、おそらく一度や二度はおとずれます。では、あなたが妻として、どんなに深い愛情と変ることのない誠実をもって、あの人のためにつくし、そして働いたとしてもくるものでしょうか?そうです。ほんとうのことを申しあげれば、あなたのその深い愛情と変ることのない誠実という美徳そのものが、あなたの良人を倦怠という悪徳に追いこむのだといえるかもしれません。それじゃあの人を倦怠期という病気からまもるために、種痘のような方法はないのでしょうか?種痘のような確実な方法はまずありません。あなたの良人は早ければ結婚後一年目に、ふつうでしたら三年目か七年目に、この倦怠期に襲われるでしょう。一年目、三年目、七年目は、一番離婚の多い年であり、つまり、このころ夫婦の間に倦怠がおとずれてくることを意味するものです。倦怠によって結婚生活の地盤にゆるみがきている、そこへ何かキッカケがでてきて、とっぜん、結婚生活が崩壊主る、lこれが普通の離婚の真相でしょう。ですから、この三年目や七年目に、普通の善良な良人がどんな心理状態にあるかを、あなたが知っているならば、聡明なあなたのことです、おそらく、結婚生活に対する彼の倦怠を最小限にとどめるための、なんらかの方法を思いつくことができるでしょう。いったい、あなたの愛する良人は、今日このごろ、何を考え、何を感じ、何を望んでいるのでしょうか?出会った人に対して、自分の理想を演じずに本当の自分をぶっちゃけられますか?

参考:

DK182_L

とあるご夫婦の話

2014年7月18日

私が感心している、ある夫婦をご紹介しましょう。 H君夫斐は、結婚十五年で一男二女があり、中流会社の係主任というところで、月収は手取り三万足らず、子供が教育盛りですから、苦しいはずですが、同じクラスの家庭から見ると、非常に豊かそうに、余裕があるような生活をやっています。H君夫妻が他の夫妻と変っている点は、非常に理財にたけていることです。しかし、四六時中お金のことばかり考えているかというと、けっしてそうではなく、むしろ逆で、理財に暗い他の連中が、常にお金にアクセクしているのに反し、H夫妻は、お金を完全にマスターしているのです、『恒産あれば恒心あり』のたとえどおり、悠々としていられるのです。ところが、H氏のやり方は別に奇手妙策があるというわけではなく、もっとも安全感の高いものの中から比較的打利な利砿機関を択んで利殖と貯蓄兼用になるようなもの、たとえば信託銀行の貸付信託や、市中銀行の割増金付定期預金などをうまく活用して、着たと財を殖やしています。それが一催千金を狙ってあぶない橋を渡る者にくらべて、長い目で見ると、非常に得をしているのです。私は家庭の幸福の基礎のひとつは、H夫妻のように夫婦が、恒産をつくることに考えかたを一致させて、熱心になることだと思っています。お相手との会話の中からその人の性格や考えている事、望みなどを見つけられれば、出会った人は自分にとってどんな人なのか、なにをもたらしてくれるのか、わかりそうですね。

参考:出会い アプリ

DK163_L

サイト集 グループ 20

2014年7月18日

サイト集 グループ 20

サ イ ト 名P Rリンク

サイト集 グループ 19

2014年7月18日

サイト集 グループ 19

サ イ ト 名P Rリンク

サイト集 グループ 18

2014年7月18日

サイト集 グループ 18

サ イ ト 名P Rリンク

サイト集 グループ 17

2014年7月18日

サイト集 グループ 17

サ イ ト 名P Rリンク

サイト集 グループ 16

2014年7月18日

サイト集 グループ 16

サ イ ト 名P Rリンク